天使と悪魔 映画 動画 ニコニコ

10年近く前の映画になりますが、トム・ハンクス主演の「天使と悪魔」を観ました。前作の「ダヴィンチコード」から続くラングドン教授シリーズの2作目です。舞台となったのはカトリック教会の総本山、バチカン市国。

作品のテーマとしては「宗教と科学は分かり合えるのか?」みたいな感じだと思います。当時高校生だった私はこの作品を見て宗教学に興味を覚え、大学のゼミで齧る程度ですが勉強するようになったという、そこそこ影響を受けた作品です。物語の鍵となるカメルレンゴ(ローマ教皇の秘書のような役職)が私はとても好きでした。めっちゃかっこいいです。

ちなみに映画がとても面白かったので後から原作も読んだのですが、原作の方が10倍面白いです。というか原作に比べると映画版のストーリーはちょっと雑すぎじゃないかと感じました。先に原作を読んだ方には映画はおすすめできないかもです。


天使と悪魔・・・U-NEXT/auビデオパス/ツタヤで動画配信中。※記事更新時の情報です。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック